《生前対策》

相続税の生前対策はまず税理士へ相談すべき7つの理由

投稿日:

相続初心者
相続税の対策をしたいんだけど、誰に相談したら良いのかしら?
業界
まずは税理士に相談すると、相続税以外でも損しなくて済みますよ

 

生前対策はまず税理士へ相談すべき7つの理由

 

他と比べて圧倒的に安い

銀行や信託銀行へ相談にいくのと比べると、半分以下の費用で済みます。(相談のみであれば無料の税理士事務所がほとんどです)

銀行等は自分達で何か対策をするわけではなく、対策を取り仕切ってお客様へ各専門家を紹介することで相続税対策を行います。

その際、必ず税理士に依頼して相続税の試算をし、その試算結果に基づいて様々な対策をしていくのですが、はじめから税理士へ依頼することで銀行へ支払うはずだった手数料(税理士報酬の数倍なんてザラです。。)を節約することができます。

銀行が行うはずだった各専門家の取り仕切りも税理士が行うことができ、情報の中継地点が1つ減ることにより、費用負担は低くよりスピーディに業務を進めることができます。

 

 

相続税の試算なしに対策はできない

相続税の対策をするわけですから、当然相続税の試算が必要となります。

対策をしなかった場合の相続税額を算出してから、どんな対策をとることによって、どれだけの節税効果が見込めるかを確認した上で、お客様の希望を伺いながら対策を進めていきます。

言うまでもなく相続税の計算は税理士の専門領域であり、税理士が相続税対策の一番の専門家です。

 

 

特例の適用を意識した対策で大きく節税

相続税の中で税額を大きく左右する要素の中に、特例の適用があります。

相続税の計算で使用できる特例は複数ありますが、それぞれ特例を適用するための要件があります。

特に不動産を使った対策では、対策を実行する前に特例の要件を満たしているか否か確認しないと、せっかくの対策が税金的には無意味なものとなってしまい、ただただ大きな出費をしただけなんてことにもなりかねません。

「特例の適用ができたら相続税は0になったのに…」

こうならないためにも、税理士へ相談して正しい対策をとることが重要です。

 

 

相続税以外の税金対策もできる

税理士は税金のプロなので、相続税以外の税金対策も同時に行うことができます。

たとえば、贈与税も考慮した生前贈与を行うことだったり、不動産を使った対策を行う場合には将来の所得税のことまで考慮して不動産を売買することだったり、他にもたくさんの方法があります。

相続税の対策にはなっても、他の税金面でマイナスになっては元も子もありません。

税金面はもちろん、全てのキャッシュフローを総合的に対策できるのは、資産税のプロ税理士ならではです。

 

 

不動産の情報が豊富

意外かもしれませんが、相続専門の税理士は不動産の情報を常にたくさん持っています。

相続税専門の税理士は、相続税以外を専門とする税理士と比べて不動産の情報に敏感です。

なぜなら、日常業務で土地の価格(路線価額や公示価額、市場価額等)を日々チェックしていますし、相続不動産を売却したり相続対策で不動産を購入されるお客様が多いことから、不動産会社との繋がりが濃いため非公開情報のパイプがたくさんあります。

また、よく不動産会社に問い合わせをすると、その後に営業の連絡が頻繁にくるといったクレームを聞きますが、税理士が不動産会社との間に入ることでしつこい営業連絡は入らなくなります。

 

 

保険も正しく計算して有利に加入可能

相続税の計算には、生命保険の非課税枠というものがあり、相続人1人あたり500万円まで、受け取る生命保険金が非課税となります。

この非課税枠の計算をしながら保険に加入することはもちろん、保険を活用した生前対策はいくつもあり、対策の仕方によっては大きく相続税額を減らすことができるのです。

相続税額を減らしながら、贈与税の非課税枠も使いながら、相続人や親族の将来に備える提案ができるのは税理士ならではではないでしょうか。

 

 

税理士には各財産に関するあらゆる情報が集まっている

相続税専門の税理士は、日々あらゆる財産の評価をおこなっています。

土地、建物、株、投資信託、債権、為替、会員権、貴金属…

遺産は十人十色で相続ごとに全て違います。

あらゆる相続財産を評価するということは、あらゆる財産について知るということです。

不動産や有価証券はもちろん、リゾート会員権や著作権に到るまで、様々な財産の情報を得なくてはなりませんので、請け負った相続税申告の数だけ幅広い財産の情報をリサーチすることになります。

各分野ごとの専門家へ生前対策の相談に行くよりも、あらゆる分野の財産に関する情報を持っている税理士へご相談頂いた方が、総合的に良い結果に繋がるのは日々接している情報量の違いからくるのです。

 

 

税理士選びは慎重に

相続初心者
生前対策の相談は税理士が良いのね
業界
”相続税専門”の税理士ね

相続税の生前対策を相談する税理士は、税理士なら誰でも良いというわけではありません。

税理士報酬を支払って相続税で損しないためには、税理士選びが重要になってきます。

とはいえ今まで税理士とお付き合いのなかった方が、いきなり相続税に強い税理士を見つけるのは至難の技です。

税理士選びのプロに無料で相談してみると、相続税専門の税理士選びに失敗しにくくなります。

入り口の税理士選びでつまずかないために、是非こちらの記事もご覧ください。

業界人が教える【本当に相続税専門の税理士事務所】の見分け方

最近は「相続税専門」と謳っている税理士事務所が随分と増えてきました。 こんなにたくさん「相続税専門」があると、一体どこの税理士事務所に依頼したら良いのか迷ってしまいますよね? この記事では、実際に「相 ...

続きを見る



私たちが専門家をご紹介します




もし医療関係者自身が重大なケガや病気をした時に「私だったらあの人に診てもらいたい」という医者がいたら、知りたくないですか?

同じように相続税についても、もし相続業界関係者が「自分が相続税の申告を依頼するとしたら誰にお願いしたいか」を知りたくありませんか?

私たち相続業界の関係者は、秀でた医者をご紹介することは専門分野外なので残念ながらできませんが、専門分野の相続のことなら『自分だったらこの専門家に依頼したい』と思える【専門家が選ぶ専門家】をご紹介することができます。

誰が申告書を作成するかによって簡単に数百万円、数千万円の損失が生じてしまう相続税申告を、税理士選びでギャンブルにして欲しくないんです。







私たちがオススメする
☆税理士選びの専門家との無料相談をご希望の方☆


下記リンク《詳しくはこちら》からお気軽にお問い合わせください。

税理士探しの強い味方 税理士紹介エージェント


-《生前対策》

Copyright© 専門家が依頼したい専門家 , 2020 All Rights Reserved.