Top
モノの視点からライフスタイルを豊かにする情報を提供するレビュー&価格比較サイト
クチコミ.jp

レディースウイッグ

かつて「かつら」として敬遠されていたアイテムは、今では「ウィッグ」と名前を変えておしゃれアイテムとして広まりました。コンプレックスを隠す存在でしたが、イメージチェンジを楽しむものとして定着しています。ここではおしゃれやコスプレを目的としたウィッグを使っている方を中心に広くウィッグ選びの目的やポイントを聞いてみました。結果をみると、「かつら」「ウィッグ」に対するマイナス要素や躊躇する要件も若干薄れつつあると感じられました。年齢による薄毛などを隠すためのヒントにもつながる回答も見られました。詳細をみる →

レディースウイッグ のオススメランキング



レディースウイッグ の商品一覧
並び替え:

6件中 1~6表示


イメチェンのおしゃれを楽しもう!ウィッグ選びのポイントは「自然であること」

ファッションでヘアスタイルを変える、コスプレ文化を楽しむ方が20代~30代を中心に増えており、需要が増えている「ウィッグ」。今では自然さをできるだけ活かせるような毛の流れや髪色が再現できるようになりました。かつらを着用した際にありがちな違和感よりも、「自分の髪色や地毛と馴染むもの」が購入のポイントですね。また、コスプレのキャラクター用・ロリィタ・ゴシックなどそれぞれのファッションやTPOにあっているものを選ぶ傾向にあるようです。もちろん着用時のトラブルが少ない物は必要ですね。一つ気になったのが「コンプレックスを隠す」事にウィッグの必要性を感じている方の多くが「もし自分だったらそのために購入するであろう」というような客観的な見解を示していたこと。まだまだコンプレックス解消のためのアイテムとしては躊躇感が残るようです。

◆選択肢1:「お値段がリーズナブルかどうか」を選んだ人の声
・興味はあっても必需品ではないので、気軽に試せる価格かどうかがポイントです。(女性 52歳 静岡県在住)
・選ぶポイントはいくつかあるのですが、やはり何十万もする商品は買いません。(女性 44歳 大阪府在住)

◆選択肢2:「ウィッグの髪色が地毛と違和感ないかどうか」を選んだ人の声
・色が違うと違和感があって他人にわかってしまうから。(女性 50歳 長崎県在住)
・明らかに毛色が地毛の色と違う物を使っている人を見て変だと思ったから(女性 37歳 広島県在住)
・以前購入したときに、お店の照明で見たときと帰宅後につけたときの感じが違い、違和感があったため、結局使えなかった。(女性 26歳 石川県在住)

◆選択肢3:「コスプレやオシャレ等の用途に適しているかどうか」を選んだ人の声
・コスプレでしかウィッグを付けないので、見た目第一で選んでいる。(男性 30歳 神奈川県在住)
・シーンによって、髪型を変えたいときに、それぞれにあったものが欲しいと考えている。(女性 51歳 和歌山県在住)
・仕事上の理由で髪のカラーリングができないため、明るいカラーのオシャレ用のウィッグを利用しているから。(女性 29歳 北海道在住)

◆選択肢4:「地毛が伸びても使える形をしているかどうか」を選んだ人の声
・地毛が伸びてきたとき、ウイッグと違和感があると困る。その辺りを考えた商品選びをしたい。(女性 32歳 静岡県在住)

◆選択肢5:「髪の薄い箇所を適切に隠してくれるかどうか」を選んだ人の声
・私にとっては、年齢的にも、そのための物だと思ってます。(女性 42歳 広島県在住)
・髪が薄いので、隠してくれる実用的なものがよい(男性 40歳 東京都在住)
・必要な部分にしっかり合うものであるかは一番のポイントです。(男性 30歳 鳥取県在住)

◆選択肢6:「頭皮を傷つけない素材かどうか」を選んだ人の声
・若い頃にとても安価な海外製のウィッグを買い、頭皮がとてもかゆくなったり痛くなったりすることがあった。それ以降は頭皮に優しいものを重視して購入する。(女性 35歳 東京都在住)
・長期的な使用を考えると、安全や安心を大切にしたいから。(男性 24歳 茨城県在住)

◆選択肢7:「その他」を選んだ人の声
・装着していても違和感がなくて、夏場でもムレにくいものを選びたい。(男性 38歳 広島県在住)

すべての回答を見る

クチコミ編集部

クチコミ.jpはfacebookでピックアップ商品や編集部おすすめ商品などを毎日お送りしていますので、ぜひチェックしてみてください!