Top
モノの視点からライフスタイルを豊かにする情報を提供するレビュー&価格比較サイト
クチコミ.jp
お役立ち情報

ひとより一歩先行くデジカメ撮影テクニック~各モードの意味と機能を理解する~

2017-08-17 小川夏樹
このエントリーをはてなブックマークに追加

フィルムフイルムカメラの時代は、今のデジカメのように撮影して直ぐに写真を確認できなかったため、写真には失敗写真と呼ばれる写真が数多くありました。また、35ミリのフィルムで撮影できる写真の枚数は、標準では24枚、多くても36枚と少なく、デジカメのように、その場で失敗写真を消して取り直しもできませんでした。そのため、1枚も無駄にしたくないという気持ちを持って、1枚1枚を大事に撮影したものです。フィルム時代の失敗写真の中には、明らかなピンボケ写真ではなく、周囲の明るさが足りなかったり、逆に太陽光直下のために明る過ぎたり、といった理由で失敗となった写真もありました。こうした写真も、現在のデジカメなら、撮影後にレタッチソフトを使って簡単に修正もできます。写真が上達するというのは、失敗写真を撮らなくなるという意味でもあるのです。

【関連する記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせてよく読まれている記事