Top
モノの視点からライフスタイルを豊かにする情報を提供するレビュー&価格比較サイト
クチコミ.jp
レビュー

スマホの次元を超えたライカカメラを搭載した大画面スマホ「Mate 9」の外観をチェック

2017-07-05 布施 繁樹
このエントリーをはてなブックマークに追加

シンプルなボディに2つの背面カメラ

大手スマホメーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」の放つハイスペックモデルには、ここ最近1つの共通点がある。

それは、背面カメラが2つ搭載されている「ダブルカメラ(ダブルレンズ)」モデルだということだ。2015年に販売された「honor6 Plus」や、2016年に初のライカブランドカメラを搭載した「P 9」、ミドルハイスペックの「honor8」がそれだ。また、先日発表された「P 10」や「P 10 Plus」もダブルカメラスマホとなっている。

今回紹介するのは、ビジネスユーザー向けブランド「Mate(メイト)」の「Mate 9」だ。

5.9インチ狭額縁設計のディスプレイ

ファーウェイのビジネスユーザーブランド「Mate」での特徴に、「大画面」というものがある。「Mate 9」も同様となっており、5.9インチの大画面に、フルHDの解像度となっている。

しかし、実際に持ってみると6インチ近いディスプレイを搭載しているモデルとは考えにくいほど持ちやすい。その理由が「狭額縁設計」だ。狭額縁設計自体はここ最近のトレンドとなっており、珍しいものではないが、やはり「持ちやすさ」や「画面の迫力」に貢献していると言えよう。


狭額縁設計の本体に5.9インチの大画面を搭載している


ディスプレイ上部には、インカメラやスピーカーのほか、通知ランプを搭載している


ディスプレイ下部のホームキーはディスプレイ内に配されるソフトウェアキーだ

本体の側面は、一般的なAndroidスマホと大きく変わるものではない。右側面には電源/スリープキー、左側面にはSIM/メモリーカードトレイを搭載している。充電はUSB Type-Cを採用し、急速充電にも対応しているため、充電を忘れてしまった忙しい朝でも短い時間での充電が可能だ。また、バッテリーは4000mAhとタブレット並の大容量となっており、メーカーでは丸2日の利用にも耐えられるとしている。

さらに嬉しいのが、USB Type-Cケーブルのほか、microUSBをUSB Type-Cに変換してくれる変換アダプタが付属することだ。自宅にあるmicroUSBケーブルの資産をそのまま無駄なく利用できる。


microUSBをUSB Type-Cに変換できる端子がついてくる


クリアケースも付属されている

さらに、背面を守るクリアケースも付属されている。SIMロックフリースマホにありがちな「ケースが手に入りにくい」問題も、購入と同時に解決してくれているのだ。しかし、この無料ケースは、やや滑りやすいと感じた。心配な場合は、Amazonなどの通販サイトで耐衝撃ケースなどを調達しておくと良いだろう。


賑やかな印象を受ける背面

実はこのモデル、一般のスマホとは異なり、前面よりも背面のほうが“にぎやか”なのである。

まず中心部には、縦配置された2つのアウトカメラ。ひとつは1200万画素のカラーセンサーカメラを搭載し、もうひとつは2000万画素のモノクロセンサーカメラを搭載している。カラーセンサーカメラで色彩を認識し、モノクロセンサーではディテールを認識する。2つのデータを組み合わせることで、スマホとは思えないほどの高画質な写真を撮影できるのだ。

さらに、カメラの右側にはオートフォーカス用センサーがあり、暗所でもピントが合いやすくなっている。

カメラの下部には指紋センサーが搭載されている。指紋認証は非常に高速かつ、スリープ状態であってもすばやく認識し、画面ロック解除してくれるため、スリープキーを使わなくても良いほどだ。

落ち着いた外観デザインに、高性能なカメラや大画面ディスプレイを搭載した「Mate 9」、次回は使い勝手に迫ってみよう。

この商品の口コミを見る

【関連する記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせてよく読まれている記事