Top
モノの視点からライフスタイルを豊かにする情報を提供するレビュー&価格比較サイト
クチコミ.jp
レビュー

isai Beatはデュアルカメラだけじゃない!消しても復活できる写真や表示機能が秀逸

2017-06-08 ライター 2106bpm
このエントリーをはてなブックマークに追加

デュアルカメラやセカンドスクリーンが印象的な、LGエレクトロニクス製の「isai Beat LGV34(イサイ ビート エルジーブイサンヨン)」は、OSにAndroid 7.0(Nougat)を、CPUにQualcomm Snapdragon 820 MSM 8996を採用したハイスペックモデルです。

音楽機能やカメラ機能、国内向け機能など、注目すべきポイントがとても多い機種ですが、今回はカメラ機能、セカンドスクリーンなどの表示機能、指紋認証機能をチェックしてみました。

デュアルカメラの実力と操作性

背面の「デュアルカメラ」は、片方が標準レンズ、もう片方は広角レンズという仕様です。同時に撮影して合成写真を作るというのではなく、どちらか片方のレンズに切り替えて撮影するスタイルです。

レンズが2つあるというだけでなく、マニュアルモードでの撮影や、動画撮影でも細かな設定をすることも可能です。


カメラモードの画面

横画面の状態では画面上部、縦画面の状態では画面右側に、標準カメラと広角カメラの切り替えボタンが表示されます。切り替えは、タップするだけで簡単にできます。

撮影は、どちらか片方のレンズを使うため、使っていない方のレンズを手で覆っても撮影はできます。レンズを覆うことで、どちらのレンズを使って撮影しているかを確認できます。

カメラアプリは、オートのモードのほかに、マニュアルモードにも対応しています。
マニュアルモードでは、ホワイトバランス(WB)やISO、シャッター速度を手動で変更することができます。


標準カメラで撮影した画像(左)、広角カメラで撮影した画像(右)


標準カメラで撮影した画像(上)、広角カメラで撮影した画像(下)

2つのカメラの特徴や差は、同じ場所で撮影した画像で比べると一目瞭然です。
広角カメラはより広く撮影できるため、標準カメラではフレームに納まらない被写体を撮影する場合や、狭い場所でこれ以上引くことができない場合に威力を発揮します。

なお、標準カメラは約1600万画素、広角カメラは約800万画素のため、最大サイズで記録した場合、利用したカメラによって画像サイズが異なるので注意が必要です。


静止画の設定画面


モード切り替え画面(左)、フィルター選択画面(右)


動画の設定メニュー


内側カメラでの撮影


サンプル画像 左が標準モードで撮影、右が美白モードで撮影

内側のサブカメラは、自分撮り用に美白モードを搭載しています。撮影する画面に表示されるゲージで美白レベルを変更します。

肌がつるんとするのはもちろん、シミや口元のヒゲが自然な状態で消える、もしくは薄くなっているのがサンプル画像でも見てとれます。


ギャラリーアプリ

撮影した写真を見ることができる標準のギャラリーアプリは、誤って削除してしまった画像や動画を復元することができます。
実は、正しく言うと、削除した画像や動画のデータは一旦「ゴミ箱」フォルダに移動され、7日以内であればゴミ箱フォルダから任意のフォルダに移動できるのです。
ギャラリーアプリ上で削除した画像や動画は、すぐに完全削除されず、一旦「ゴミ箱」で保管されている仕様になっているのです。

操作ミスで、うっかり画像や動画を削除してしまった場合でも安心です。

セカンドスクリーンやそのほかの表示機能

isai Beat LGV34は「セカンドスクリーン」以外にも、文字フォントの設定などの表示機能も特徴です。


設定画面(左)、セカンドスクリーンの設定画面(右)

設定の「表示」タブをタップすると、「セカンドスクリーン」の項目があります。セカンドスクリーンの表示方法などを設定することが可能です。


フォントサイズの変更も可能。左から「最小」「中」「特大」

フォントのサイズを、変更することもできます。できるだけ多くの情報量を表示させたい場合は「最小」を、大きく見やすい文字にしたい場合は「特大」を選択しましょう。

また、文字フォントも「既定のフォント」「UD 新ゴ R」の2種類から選択できます。


ホームタッチボタンの設定画面

ディスプレイ下部の「ホームタッチボタン」も、カスタマイズができます。ボタンの配列や、白もしくは黒の2種類からカラー選択することもできるので、好みのスタイルに変更しましょう。

指紋認証機能

isai Beat LGV34は、本体背面カメラの下に、丸い指紋認証ボタンを搭載しています。電源ON/OFFを兼ねたボタンになっていますが、指紋認証を利用したい場合は、あらかじめ指紋の登録をする必要があります。


設定(一般)画面(右)、指紋の登録(注意表記)画面(中央)、指紋設定画面(右)

指紋を登録する際は、「ノックコード」「パターン」「PIN」「パスワード」のいずれかの画面ロックを設定した後、指紋を登録します。

画面表示に沿って登録するだけなので、難しい操作ではありません。登録できる指紋は、最大で5つです。

主な仕様
CPU:MSM8996 / 2.2GHz×2コア+1.6GHz×2コア
サイズ(高さ×幅×厚さ):約72×149×8.0㎜(最厚部9.0㎜)
質量:約146g
OS:Android 7.0 (Nougat)
カラー:チタン / ゴールド
バッテリー:3000mAh
ディスプレイ:約5.2インチ IPS WQHD
メモリー:ROM 32GB / RAM 4GB
外部メモリー:microSDXC(最大256GB)
充電時間:約90分 Type C共通ACアダプタ01(別売)使用時
連続通話時間:約1,400分(VoLTE)
連続待受時間:約410時間(4G LTE / WiMAX 2+)
au ICカード種類:au Nano IC Card 04
対応通信規格:4G LTE / WiMAX 2+ ※2
通信速度:最大 受信370Mbps(渋谷駅周辺) / 送信225Mbps(一部エリア)/ 送信最大30Mbps
Bluetooth:Bluetooth 4.2
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac 準拠
カメラ有効画素数(外側):約1600万画素(CMOS)+広角カメラ:約800万画素(CMOS)
カメラ有効画素数(内側):約500万画素
VoLTE対応:○
防塵:IP6X
防水:IPX5 / IPX7
おサイフケータイ:○
Wi-Fiテザリング:○(最大接続台数:8台)br>緊急速報メール;○br>au世界サービス「VoLTE」:○br>主な付属品:LG TVアンテナケーブル01、LGV34用 ICカードオープナー(試供品)

この商品の口コミを見る

【関連する記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせてよく読まれている記事