Top
モノの視点からライフスタイルを豊かにする情報を提供するレビュー&価格比較サイト
クチコミ.jp
製品紹介

2倍速でフル充電!ゲームもプレイし放題のAnker大容量モバイルバッテリーとは

2016-12-21 クチコミ.jp編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

今や、スマートフォンを使わない日はないという人がほとんどだろう。電話としてはもちろんだが、最近、特に多く使うのがゲームだ。

しかし、スマートフォンでゲームをプレイすると、大量にバッテリーを食う。

爆発的な人気となったポケモンGOでも、バッテリー切れが相次ぎ、モバイルバッテリーが品薄となり、値上がりするといった社会現象まで起きている。

今のモバイルバッテリー選び、大容量と急速充電がポイント。

そんなニースに応えるのが、Ankerの大容量モバイルバッテリー「PowerCore 26800」だ。従来品の2倍のスピードで、本体の充電が可能なのだ。販売価格はAmazonで、5,999円。

充電池の充電速度が段違いの2倍速 たったの6.5時間でフル充電

「PowerCore 26800」は、わずか6.5時間でフル充電することができる。2つの入力用マイクロUSB端子が備わっているため、その両方に同時に接続することで、最大4Aで本体充電ができる。

急な出張・旅行でも準備しやすいため、ゲームアプリなどで常時バッテリーが必要な方にとって、短時間で充電できることは嬉しいポイントだ。

26800mAhと大容量 モバイルバッテリーとしての性能も充実

「PowerCore 26800」は、大容量の26800mAhとなっている。本体に一度充電すれば、一週間もの間、再充電をしなくても大丈夫なレベルだ。

iPhone 7になら10回以上、Galaxy S7には約6回充電が可能だ。また、ほとんどのタブレットやUSB機器にも複数回の充電ができる。

Anker独自技術で電流・電圧を自動調整 3台まで同時に充電

「PowerCore 26800」は、Anker独自技術で、機器ごとに充電電流、電圧を最適化し、充電を高速化する機能も持つ。

出力ポート数は3つ備わっており、ポート辺りの最大電流は3A。すべて合わせると、最大電流は6Aで、3台同時に充電ができるのだ。3ポートを持つバッテリーでも、実際に3台接続すると出力が確保できないものも多い。しかし、合計6Aであれば、タブレットを含めても十分な出力が得られるので安心だ。

「PowerCore 26800」があれば、スマートフォンで思い切りゲームをプレイしても、バッテリー切れを心配することは減りそうだ。

主な仕様

・Qualcomm Quick Charge 2.0: 15分の充電で最大8時間の使用が可能
・容量: iPhone 6を10回、Galaxy S6を7回以上、2015 MacBookを3回以上充電可能
・設計: パナソニック製バッテリーセルを採用

この商品の口コミを見る

【関連する記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせてよく読まれている記事